からだをぽかぽかにする「しょうが」の作り置きレシピ

からだにやさしいレシピ

こんにちは。管理栄養士の柴戸です。

古来より薬効の高い食物として知られ、漢方薬の約7割に含まれているという「しょうが」。
独特の辛み成分がもつ血行促進力で、からだを芯から温めてくれると人気の食品ですね。

今回はしょうがの温め力に注目。その効能や効果、しょうがを長く楽しむための保存方法や選び方、常備しておきたい作り置きレシピをご紹介します。

しょうがの効能と効果

風邪の引きはじめや寒いと感じたときに、しょうが入りの飲み物や食べ物でからだを温めた経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。しょうがを食べるとからだがポカポカするように感じられると思います。

これはしょうが特有の辛み成分ジンゲロールショウガオールによるもの。

この辛み成分が血行を促進し、 からだをあたためます。
血行がよくなれば、体内の臓器の働きも高まり免疫力もアップします。

しばと
しばと

ジンゲロールとショウガオールの効能は少し違います。

ジンゲロールの効能は、血管をひろげて血の巡りをよくし からだを温めること。
また頭痛や肩こり、腰痛、生理痛などの痛み止め効果や、二日酔いなどの吐き気を抑える効果があります。利尿作用もあり、むくみの解消に役立ちます。

しょうがを加熱したり乾燥させると、ジンゲロールがショウガオールに変化します。
ショウガオールはジンゲロールに比べさらに温め効果が上がります
またジンゲロールより抗酸化作用が高く、抗がん性があるといわれます。
冷え性改善や抗がん作用を期待する場合は、しょうがを加熱や乾燥させたものを食事や飲み物にくわえるといいですね。

しばと
しばと

しょうがは米国がん研究所が定める「ガン予防に有効な食材」にも選ばれてます。

体温が1度上がると免疫力が30%アップするといわれています。
しょうがで温活。1日10g以上を目標に、毎日の食事にとりいれてみませんか。

しょうがの種類と選び方

しょうがには大きくわけて2種類あります。

①葉しょうが 新しい根を茎や葉がついたまま収穫したもの。

②根しょうが 初夏に出回るみずみずしい若いものを「新しょうが」、貯蔵して出回る根しょうがを「ひねしょうが」と呼びます。

薬効成分が高いのは 「 新しょうが(赤い部分がある) 」 より「ひねしょうが(薄茶色)」。
1年を通して販売されているため、手に入りやすいのも魅力ですね。

ふっくらと形がよく、ツヤとはりがあり、かたいものを選びましょう。
切り口をみて、カビや変色がないかもチェック。これらがあると日が経っている証拠です。
なるべくみずみずしいものを手に取ってください。

しょうがの保存方法

「しょうがを買ってもなかなか使いきれず、乾燥してしまった」そんな経験はありませんか?
裸のままで冷蔵庫にいれておくと、水分が蒸発し干からびてしまいます。

乾燥を避けるために、常温で保存する場合は、濡らした新聞紙でつつんで冷暗所に入れましょう。
冷凍や冷蔵庫で保存する場合はもうひと工夫くわえます。

冷凍して保存する

1回分ずつカットして冷凍するか、すりおろしてから冷凍すると便利です。

カットして冷凍したしょうが → 解凍せずにそのまますりおろして使う
すりおろしてから冷凍 → 保存袋にごく薄い板状になるように入れる。必要な分だけ割って使う

約1ヵ月保存可能です。

ただし、すりおろしたしょうがは、香りや酵素などの成分が減ってしまう恐れがあるため、なるべく食べる直前におろしたほうがベターでしょう。

水にひたして保存する

しょうがを洗って泥を落とし、瓶などの保存容器にいれます。
かぶるくらいに水を注ぎ、ふたをします。

冷蔵庫で保存し、こまめに水をかえましょう。
こうすることで2週間以上長持ちさせることができます。

あると便利なしょうがの作り置きレシピ

ここからは、シンプルで飽きないしょうがの作り置きレシピをご紹介します。
まとめて作っておくことで、いつでもしょうがの効能を活用できます。
冷蔵庫に常備しておくと安心ですね。

しょうがの佃煮

からだがじんわりあったまるしょうがの佃煮。
多めに作って冷蔵庫で保存OK。ほかほかごはんに相性抜群です。

材料(作りやすい分量)
  • しょうが  200g
  • はちみつ  150g~200g
  • いりゴマ  10g
  • ごま油   大さじ1

調味料

  • みりん  大さじ2
  • 酒    大さじ2
  • しょうゆ 大さじ3
  • 砂糖   大さじ1
作り方
  1. しょうがの皮をむいて千切りにする。熱した鍋にごま油としょうがを入れ、よく炒める。
  2. しょうがに火が通ったら調味料を入れて弱火にし、じっくり火を通す。
  3. 水分がなくなってきたら、はちみつといりゴマを加えて混ぜ合わせる。
  4. 火を止めて出来上がり。
Cpicon しょうがの佃煮【かぜ予防や冷え性改善】 by くらしいきいき
しばと
しばと

ほかほかご飯に乗せるとおいしいですよ!

うま味をぎゅっと濃縮、しょうがオイル

お好みの調味料をちょい足しして温野菜にかけたり、そのままお味噌汁に入れたり。
あると便利なしょうがオイルは、冷え性の方におすすめです。

材料(作りやすい分量)
  • しょうが 200g
  • ごま油  180g
作り方
  1. しょうがはよく洗い、皮ごとみじん切りにする。
  2. フライパンにしょうがとごま油を入れて中火にかける。
    ふつふつと煮立ってきたら弱火にし、3分ほど炒めて火を止めて出来上がり。
Cpicon うま味をぎゅっと濃縮、しょうがオイル by くらしいきいき

万能に使える!しょうがの香味だれ

お肉やサラダ、冷ややっこにも。どんな食材とも相性抜群。
ドレッシングがなくて困った!なんてときにお役立ちです。

材料(作りやすい分量)
  • しょうがのみじん切り 1かけ分
  • 長ネギのみじん切り  5cm分
  • ごま油        大さじ1と1/2
  • 白練りゴマ    大さじ4~5
  • しょうゆ・酢     各1/4カップ
  • 白すりゴマ      大さじ2
  • 砂糖         大さじ2
  • 豆乳         大さじ3
作り方
  1. 材料をすべて入れ、火にかけて混ぜ合わせる。
  2. 粗熱がとれたらできあがり。
Cpicon 万能に使える!しょうがの香味だれ by くらしいきいき
しばと
しばと

サラダやお肉など何にでも合いますよ。

おわりに

今回はしょうがのもつポカポカパワーや長く楽しむための保存方法や選び方、常備しておきたい作り置きレシピをご紹介しました。
日頃からカラダを温めておくことが、病気を予防し、治癒力を高めることに繋がります。
「冷えは万病のもと」とも言います。
内から、外から、色々なアプローチで、冷えにくいカラダづくりを目指しましょう。

温活について、こちらの記事も参考にどうぞ。

------■参考文献■-----------

『しょうがで体温を1度あげる』石原 新菜
『ショウガで治す!やせる!』平柳 要(医学博士)

◆◆くらしいきいきの商品紹介◆◆

くらしいきいきより、新しく「しょうが麹スムージー」が発売となりました。
栄養がしっかり摂れる今話題のしょうが麹に乳酸菌を配合した、発酵Wパワーのスムージーです。

くらしいきいきのサイトでご案内しております。ぜひご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました