こどもの「背中ぐにゃ」が気になる! 食事で筋力アップをサポート

情報提供

現在のコロナ禍、こどもと一緒に過ごす時間がふえましたね。
それに伴い、今まで気づかなかったこどもの姿勢の悪さが気になる親が増えてきたと言われています。
勉強する我が子の姿をみて、背中が丸まっていると感じている親御さんも多くいらっしゃるのではないでしょうか?

「すぐ疲れた~という」「床にすぐ寝転がる」「背中がぐにゃっとなっている」
思うように外遊びもできず、体力・筋力低下も懸念されています。

こどもの「背中ぐにゃ」。解決するヒントは「体幹」を鍛えることにあるかもしれません。
体幹を鍛えるには「食事」と「運動」が大事です。
今回は体幹トレーニングの重要なサポートとして、筋力アップにつながる食事メニューをご紹介します。

「背中ぐにゃ」 姿勢が悪くなる原因は?

子どものからだと心・連絡会議
「子どものからだの調査2015(実感調査2015)」よりこんな報告結果があります。

保育園・幼稚園・小学校・中学校・高等学校を対象に実施。
保育者および教育者が回答したものです。

「子どものからだの調査2015(実感調査2015)」より

年齢が低いほど「背中ぐにゃ」が上位に上がってきていますね。
「すぐ疲れたという」もかなり多くみられます。

現代のこどもをむしばむ「背中ぐにゃ」。
原因としてはどんなことが考えられるでしょうか?

外遊びが少なくなったことによる筋力の低下
ゲームやスマホで長く下を向く時間がふえている
親も姿勢が悪いため、なかなか注意できない

骨折や運動時のけが、学力や集中力の低下など、姿勢が悪いことによる影響は大きいもの。
深く考えずに放置しておくと、肩こりや腰痛の原因になるばかりでなく、総じて全体のパフォーマンスを下げることになってしまいます。

なんとか治す方法はないでしょうか?

しばと
しばと

「体幹」を意識してみましょう!

体幹を鍛えるとどうなる?

体幹は胴体の中心であり、からだの軸となる部分です。
いわゆる体幹はからだを支える力。
この部分を鍛えることで、「運動能力が高まる」「体のバランスが整い姿勢がよくなる」といったメリットがあります。

体幹を鍛えることで…

・集中力が持続する
・運動能力が向上する
・疲れにくいからだになる
・エネルギーを消費しやすくなる

体幹が強く、きれいな姿勢でしっかり座れる子になれば、落ち着きが出て授業中の集中度も上がり、学びが楽しくなる
疲れにくいからだになれば、ゴロゴロ寝転がるのでなくキビキビと動きまわれるようになる
単なる姿勢の話ではなく、深い部分で色々とつながっているのですね。

体幹を強くするためのトレーニング方法は検索するとたくさん出てきます。
当サイトでは、体幹を強くするために食事でサポートできるメニューをご紹介しますね。

からだをつくる栄養素 たんぱく質がカギ

たんぱく質は、からだをつくる大切な栄養素です。
肉類、魚介類、卵、乳製品などはきちんととれていますか?
たんぱく質の摂取量が不足すると、新陳代謝が低下し体力や免疫力の低下にも関係します。
栄養バランスのとれた食事で、成長をサポートしてあげてください。

また、たんぱく質は体内で分解されてから、およそ3~4時間で吸収し終えてしまいます。
間食も利用しながら、継続的に取り入れるようにしましょう。

今回は、良質なアミノ酸を含む、高たんぱく食材の卵と鶏肉を使ったレシピをご紹介します。
食べやすくお子様にも人気のメニューです。
ぜひ作ってみてくださいね!

簡単しっとりの手作りハム

材料

  • 鶏むね肉 1枚(250g)
  • 塩    大さじ1
  • 砂糖   大さじ1

作り方

  1. 鶏胸肉は、皮を取り除き観音開きにしてビニール袋にいれ、砂糖、塩をもみ込み、冷蔵庫でそのまま一晩寝かせる。
  2. 鶏肉をとりだし、一度さっと水洗いをしてラップで巻き寿司を作るように強めに巻く。
    端を輪ゴムで止め、さらにアルミホイルで包む。
  3. 鍋にお湯を沸かし沸騰したら鶏肉をいれ、再沸騰したら中火で5分、さらにひっくり返して5分加熱し、火をとめてそのまま放置。
  4. 荒熱がとれたら、ラップをはずし、切り分けて出来上がり。
しばと
しばと

パンにはさんでサンドイッチにしても♩

もずくの玉子焼き

定番の玉子焼きにもずくを入れてボリュームアップ。
プチプチ食感がお子さまにも大人気。一緒に食物繊維も摂れるのでおすすめです。

材料(2人分)

  • 卵       3個
  • もずく(味なし) 30g
  • ★しょうゆ   小さじ1/2
  • ★砂糖     小さじ1
  • ★塩      少々
  • 油       小さじ1

作り方

  1. もずくはさっと洗って水けを切り、1㎝幅に切る。
  2. ボウルに卵を割り入れて混ぜ、★を加えて混ぜる。さらにもずくを加えて混ぜる。
  3. 卵焼き器を中火で熱し、油を引き卵液を入れる。
    中火のまま卵液の1/3量を流し込み、半熟状になったら奥から手前に巻いて奥に移動させる。
    同様に2回繰り返し火からおろす。
  4. 食べやすい大きさに切って出来上がり。
Cpicon モズクの玉子焼き by くらしいきいき

おわりに

いかがでしたか?
今回は近年の「こどもの背中ぐにゃ」から考えた、「体幹」の重要性と、食事面からサポートするためのレシピのご紹介でした。
体幹がつくと自律神経にも大きく作用し、睡眠の質が向上したり、気分が落ち込みにくくなったりもします。
このように体幹を鍛えることは、からだにとって良い影響があります。
”単なる姿勢の問題”と放置せずに、親子で体力づくりに取り組んでみてくださいね。

くらしいきいきおすすめのバランスボード 「グラピタット」

楽しく・気軽に・バランス感覚が育つと評判の、体幹を鍛えるアイテム「グラピタット」のご紹介です。
グラピタットは底が円柱形になっている安全度の高いバランスボード。
全身運動ができるボードタイプ・座って使うクッションタイプがあります。

くらしいきいき社内でも大好評!

デスクワークの多い社内では、クッションタイプを使用中。
働きタイムを使って体幹を鍛えられて一石二鳥! なんだか得した気分です。

座ってみて気づいたことは、自然と背筋が伸びお腹がへこんでいる!この感覚が気持ちいいということ。
また姿勢がよくなることで、伸びをしたり、肩甲骨を背中側にぐっと引き締めたり。ストレッチの回数がふえました!
バランスが一定ではないからこそ、意識するものがあるのでしょうか?

「腰をグラグラさせることで腰痛が感じにくくなった」という声もあり、評判は上々。日常に欠かせないものになっています。

こんな方におすすめ!

・デスクワークなど長時間座ることが多い
・いつのまにか姿勢が悪くなっている
・腰痛が気になる
・自宅で手軽にできるトレーニングをしたい
・こどもの姿勢が気になる(勉強中など)
・楽器(ピアノなど)の練習に

amazonで好評発売中です。
ご興味ある方はぜひご覧ください。

▶▶バランスクッション
▶▶バランスボードスタンダード
▶▶バランスボードミニ

コメント

タイトルとURLをコピーしました