噛むことの大切さと、噛む回数をふやせるちょっとしたコツ。

健康講座

いそがしい現代の食生活は、食事時間も噛む回数も減り、昔と比べて噛む回数が半分以下になっているとか!

食の欧米化に伴い、たべやすくてやわらかいメニューがふえたり、TVを見ながら・新聞を読みながらの「ながら食べ」も噛む回数を減らしている一因に。

よく噛むことは、免疫力アップにもつながります。
今回は、よく噛むことがもたらすメリットと、噛む回数をふやすためのワザをご紹介。
これを読んで、まずは一日一食から、よく噛むことを意識してみてくださいね。

よく噛むことで得られる効果とは

しばと
しばと

こんなことばを聞いたことがありますか?

ひみこの歯がいーぜ

この「ひみこの歯がいーぜ」。
学校食事研究会という団体が、よく噛むことのメリットをわかりやすい標語にしたもの。

肥満防止。ゆっくり食べることで過食をせずに済みます。
味覚が発達。食事に集中することで、素材の味を楽しめるようにように。
発音はっきり。 口の周りの筋肉を使うことで、あごの発達を助ける。
脳の発達。脳に刺激を与えることで、認知機能低下防止に。
歯の病気予防。唾液がたくさんでることで、口腔内の殺菌や除菌効果をもたらす。
がん予防。唾液に含まれる酵素で発がん性物質の毒性を除去。
胃腸快調。唾液中のホルモンが細胞に活力を与え、内臓の働きを助けてくれる。
全身の体力向上と全力投球。

注目なのは、がんの予防ができる点。
30回~50回噛むことで、食品に含まれるさまざまな発がん物質の毒性を、唾液に含まれる酵素(ぺルオキシターゼ)が消してくれるという研究結果が出ています。
よく噛むことは病気の予防に効果的ということですね。

噛まない習慣がもたらす悪影響

噛む回数が減ると当然「噛む力」も弱まります。
噛む力が弱まると、どうなるのでしょうか?

  • あごの発達が不十分になる
  • 口呼吸を招く(呼吸の質がよくない)
  • 歯並びが悪くなる
  • 顎関節症や歯周病にかかりやすくなる

どうしたらしっかり噛む習慣がつくでしょうか?

しばと
しばと

食事で工夫できることがたくさんありますよ!

噛む回数をふやすコツ

作るときと食べるとき、噛む回数をふやせるポイントがいくつもあります。

噛みごたえのあるメニューを作る

  • 食材を大きめにカットする(乱切りや厚め)
  • 硬い食材をいれる(じゃこやくるみ、豆など)
  • 野菜や海藻類など、食物繊維が多いものを選ぶ
  • 硬めに調理する(火を通しすぎない)
  • 素材を味わえるように薄味にする

食べるときに意識すること

  • ひと口の量を少なくする
  • ふだんより5回多く噛むことを意識する
  • お茶や水で流し込まない
  • 食事時間をはかってみる(20分以上はかけましょう)

大きく切ることは、食べごたえもでて満足度があがります。
また硬い食材や硬めに調理することで、よく噛まないと食べられない状況を作りだすのもポイント。

まずは一日一食から、よく噛む習慣を始めてみませんか?

よく噛んで免疫力アップ!かむかむレシピ3つ

よく「噛める」、かむかむレシピをご紹介します。

しばと
しばと

Cpiconcookpadで公開中です。

切干大根のサラダ

切干大根を茹でずに短時間で水戻しすることで、くせのある食感を楽しむことができます。

野菜のうま味が引き立つ、根菜のラタトゥイユ

大きく切って食べごたえをアップさせることで、
野菜がたっぷりでも満足度があがること間違いなし!

大豆といりこのごまからめ

昔懐かし、給食の定番メニュー。
大豆は全体がカリッとなるまでくっつかないように炒めると、調味料がよくからんでおいしく仕上がります。


いかがでしたか?
よく噛むことはいいことだらけ。
しっかり噛んで脳に刺激を送りましょう。
時間をかけてゆっくりと食事をすることで、副交感神経の働きをよくし、免疫力を高めましょう。

くらしいきいきおすすめの「SOY美EAN(ソイビーン)」

お子様にも人気のしっかり噛める豆菓子、SOY 美EAN(ソイビーンをご紹介します。
親子で安心して食べられる無添加のお菓子です。
栄養価が高い大豆のお菓子はまさに食べるサプリメント。
ぜひこの機会におためしください。

SOY美EAN(ソイビーン)

味は全部で4種類。
緑茶大豆
黒糖黒酢黒豆
味噌きな粉大豆
ネギ塩黒豆
味わい4種食べくらべセットもご用意しております。
まとめ買いにおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました