知っていますか?消費期限と賞味期限の違い。

健康講座
この記事は約4分で読めます。

食品のラベルに印刷されている「期限」。
買物のときに絶対見る!という方もいれば、まったく気にしない方も?
実はこの期限、「消費期限」と「賞味期限」というコトバの違いがあることに気付いていましたか?
双方の違いは一体何でしょうか?

今回は消費期限と賞味期限の違いについて、深堀していきましょう。

違いは何だろう?

農林水産省のホームページに掲載がありました。

消費期限とは

袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで、「安全に食べられる期限」のこと。

出典:農林水産省ホームページ「消費期限と賞味期限」より引用

例えばどんなものがあるの?

しばと
しばと

お肉やお刺身、お弁当などの傷みが早い食べ物につけられます。

消費期限は、食品をその期日までに食べなければ「安全ではない」、つまりその期日までには必ず食べましょう!という期限。
生ものやお弁当を想像してみてください。
消費期限を過ぎると食品が腐ったり、変質したりしますよね。
こういった時は健康に害を及ぼす可能性が大きいので、期限を過ぎたものは食べないようにしましょう。

賞味期限とは

袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで、「品質が変わらずにおいしく食べられる期限」のこと。

出典:農林水産省ホームページ「消費期限と賞味期限」より引用
しばと
しばと

清涼飲料水、冷凍食品、インスタント類などの傷みにくいもの。

一方、賞味期限は「食品がおいしく食べられる目安」。
その期日が過ぎてしまったからといって、食品が食べられなくなるわけではありません。

ただし、賞味期限が切れてから長い時間を経過したものは、味が変質していたり、劣化が始まっている可能性があるので気をつけましょう。

期限を決めているのはだれ?

だれがどうやって決めているんだろう?

しばと
しばと

食品をいちばんわかっている製造業者が決めています。

食品等の特性、品質変化の要因や原材料の衛生状態、製造・加工時の衛生管理の状態、容器包装の形態、保存状態等の当該食品等に関する知見や情報を有している必要があることから、製造業者等(表示義務者)が期限の設定を行うことになります。
このため、製造業者等において、客観的な期限の設定のために、微生物試験、理化学試験、官能試験等を含め、これまで商品の開発・営業等により蓄積した経験や知識等を有効に活用することにより、科学的・合理的な根拠に基づいて期限を設定する必要があります。

出典:農林水産省ホームページ「消費期限と賞味期限」より引用

期限という目安があるとはいえ、重要なことは
製造メーカーが指定した保存方法を守っているか?
商品が未開封の状態であるか? 
が前提条件ということ。

常温保存冷蔵保存冷凍保存のいずれかをしっかりと確認し、メーカーが定めた方法で保存するようにしましょう。
また商品を開けてしまった場合は、賞味期限・消費期限問わず、早めに食べきるのがいいですね!

日付の表示方法の違いについて

日付まで入っているものと、年月だけのものがあるけど、違いはなに?

しばと
しばと

面白いところに気がつきましたね!

そうなんです。
賞味期限の表示で↓のように、日付まで入るパターンと入らないパターンがありました。

これは賞味期限の長さの違いによるもの。
賞味期限が3ヶ月超の食品については年月のみ表示可、3ヶ月以内の食品は日付までしっかりと表示しないといけないとのこと。
年月表示の場合は、月末までが美味しく食べられる期限の目安となります。


表示の種別   
対象となる内容 表示方法  食品例

賞味期限  
製造後に品質が保てる期間が3ヶ月以内のもの 年月日 ハム・牛乳・マーガリン・冷凍食品など
賞味期限 3ヶ月を超えて品質が保てるもの
年月日
または年月   
インスタント食品、食用油、缶詰など
消費期限製造後、数日以内で劣化しやすい食品年月日肉・魚・弁当・惣菜・ケーキなど

期限がないものもある!?

実はこの期限、表示省略が認められている食品があります。
さてどんなものでしょう?

しばと
しばと

酒類、お砂糖、お塩、アイスクリーム類…共通することはなんでしょう?

もしかして、長く保存できるものですか?

正解です!
品質の劣化が極めて少なく、数年以上長期保存できる食品は表示省略が認められているケースがあります。お塩やお砂糖に期限表示がないものがある場合は、そういった理由からだったのですね。

ちなみに、 対面販売や量り売りのような注文を受け、その場で製造(加工)し販売する場合や、
容器包装の表示可能面積が30cm²以下のものについても省略OKとのこと。

確かにお祭りの出店で買う、フライドポテトや唐揚げには期限の記載はないですよね。
知れば知るほど奥深いです。

おわりに

いかがでしたか?
普段何気なく目にしている消費期限や賞味期限。
これを機会に冷蔵庫の大掃除もかねて、一度確認してみてはいかがでしょうか?
期限が切れてしまったもの、あともう少しで期限到来のもの(とはいえ、開封済みなので早めに使い切りたいですが)が見つかるかもしれませんね。

メーカーが定めた期限はあくまでも目安となるもの。
最終的には「見た目」「手触り」「におい」など自分の五感をフル活用し、食べられるかどうか判断してください。

買い過ぎない・使い切るを心がけ、食材廃棄を防ぎフードロスを減らしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました