ぱぱっとできる簡単おやつ。いちごと豆腐のムース。

こんにちは。

今回は思いついたときに簡単にぱぱっとできる、旬のいちごを使ったムースの作り方をご紹介します。
お豆腐の栄養もしっかりいただけるので、こどものおやつにもぴったり。
また砂糖を使わずヘルシーに仕上げているので、ダイエット中の方にもおすすめ。
旬のいちごを使ったおいしいレシピ。
ぜひおためしくださいね。


いちごの選び方

鮮やかで色にムラがなく、ヘタ近くの部分が白くなっていないもの。
つぶつぶがくっきりしているもの。
ヘタの緑色が濃く、乾いていないものを選びましょう。

旬は12月~4月。
1960年代までは、いちごの旬は5月~6月でしたが、温室栽培がおこなわれるようになり、
秋から翌年の初夏まで出回るようになりました。
今やクリスマスケーキには欠かせない存在のいちごですが、初夏が旬の時代があったとはなんともビックリです。

いちごの保存方法

洗わずにラップで包んで、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。
ヘタはとってから洗うとビタミンCが流出してしまうので、つけたまま洗うこと。
流水に5分ほど浸けてからふり洗いすると安心です。

甘味がたりない場合は、ざく切りにしてから砂糖とレモン汁をかけ、しばらくおいて味をなじませると、おいしく食べられます。

いたみが早いのでできるだけ早く食べきり、
余った場合は冷凍保存することで栄養成分を守ることができます。

注目の成分

  • ビタミンC コラーゲン作りの手助けをする
  • 食物繊維  腸内の善玉菌をふやす
  • 葉酸    貧血を予防する

いちご10粒で一日に必要な量を補給できるほど、ビタミンCがたっぷり。
風邪予防に効果があるので、今の時期に嬉しいですね。
またポリフェノールの一種である“アントシアニン”も含まれており、抗酸化作用( 病気や老化を引き起こす活性酸素から体を守ってくれる )にも効果を発揮。
アンチエイジングにも欠かせない食材だったんですね!


いちごと豆腐のムース

生クリームも牛乳も使わないヘルシーおやつ。
本当に簡単にできるので、思い立ったときにぱぱっと作ることができます。
メープルシロップを使ってやさしい甘さに仕上げたムース。
今日のおやつにいかがでしょうか?

材料(6人分)

  • いちご(ヘタをとり洗っておく) 200g
  • 絹ごし豆腐(軽く水切りする)  150g
  • メープルシロップ    大さじ2
  • 粉ゼラチン       5g
  • 水           50cc

作り方

  1. 水50ccに粉ゼラチンを入れてふやかしておく。
  2. すべての材料をミキサーにかけ、鍋に入れて温める。
    沸騰する直前で火を止める。
  3. カップなどに入れ、冷蔵庫で冷やし固めたら出来上がり。

*お好みで上にいちごをのせると、見た目がアップします。

Cpicon 手作りおやつ、いちごと豆腐のムース by くらしいきいき

いかがでしたか?
旬のくだもの、いちごについて選び方・保存方法・栄養成分・レシピなどをご紹介しました。
いちごは先のとがった部分のほうにより甘みがあるため、ヘタ側から食べるといいですよ。
ぜひおためしくださいね。

参考図書:からだにおいしい野菜の便利帳 板木利隆監修 髙橋書店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です