【温活】知っておきたいカラダ温め食材、冷やす食材。

こんにちは。

免疫力を向上させるために大切なのは「体を温めること」。

食べ物には、体を「温める」食べ物と、「冷やしやすい」食べ物があるのは、ご存知でしょうか?
普段何気なく口にしているものが、体を冷やす食べ物の可能性も!?

でもご安心ください。
冷やす食べ物でも工夫次第で温め食品に変えることができます。
それぞれの特徴を知ることで、体の冷えを回避!
効率よく体の中からぽかぽか温めて、冷えにくい体を目指しましょう。


体を温める食べ物選び4つの基本

体を温める食材は栄養価が高いものが多く、血行を促進し、
代謝を上げるのに必要なビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

①寒い地域で採れるもの

・そば
・鮭

②水分が少なく硬いもの

・チーズ
・黒砂糖
・せんべい

③土の中で育つ野菜

・にんじん
・玉ねぎ
・れんこん
・ごぼう

④色が濃いもの(赤・黒・黄・橙色)

・赤身の肉
・海藻
・チーズ
・卵
・小豆
・黒豆
・紅茶


要注意!体を冷やしやすい食材

水分や油の多い柔らかいもの、冷色(青・白・緑)の食べ物、お酢(カリウム)の多い食べ物は、
体を冷やしやすいので注意が必要です。

・牛乳
・ビール
・コーヒー
・パン
・きゅうり
・白砂糖
・トマト
・北方産以外のくだもの
・緑茶

これらのものは、加熱できるものは加熱して温めたり、
体を温める食材と組み合わせて食べるなど、ひと工夫するとよいですね。

寒いとついつい飲みたくなる緑茶を紅茶に変えてみる、
牛乳より熱を加えたチーズを、大根は天日に干した切干大根に変える、など、
冬は特に意識しながら、内側から冷えにくい体を目指しましょう。


体ぽかぽかおすすめレシピ

当サイトでご紹介したレシピの中から、体あたため食材を使ったぽかぽかレシピを振り返り。
ぜひ参考になさってください。

●もずく(海藻)を使って
【フコイダン含有】あったか、もずくスープ

●たっぷりの根菜を使って
たっぷりの根菜で。ほっと温まる、けんちん汁

●体ぽかぽか優秀選手しょうがを使って
かぼちゃのしょうがポタージュ


いかがでしたか?
体温が高い赤ちゃんは肌も体も柔らかいですが、
年をとってくると肌はガサガサ、体も硬くなってきますよね。
これは体温が下がってくることから起こる現象。

体が冷える→体全体が硬くなる→内臓もだんだん硬くなる

結果的に冷えが様々な病気の発生と関わってくると考えられます。
体を温める「温活」で、免疫力を高めて健康な体を目指しましょう!

参考資料:「体を温める」と病気は必ず治る 石原結實 三笠書房

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です