やわらかごはんのバリエーション。

こんにちは。

「おかゆ」に代表される”やわらかごはん”は、消化が良く回復食にもってこいのメニュー。
いつも同じ材料で作ってしまい、アレンジが…ない!

なんてお悩みの方必見!

今回は、おかゆだけでも栄養がとれるような具入りのものや、
かけるだけのトッピング、洋風和風おかゆアレンジメニューをご紹介します。

気になるメニューがあればぜひ作ってみてくださいね。


やわらかご飯のバリエーション

  • ひじきがゆ(もどしたひじきを加える)
  • 豆腐のあんかけがゆ(だし汁にとろみをつけたあんをのせて)
  • さつまいもと大豆がゆ(水煮大豆を使って)
  • えのきと鮭のおかゆ
  • 鮭フレークと卵のおじや
  • トマトと卵のおじや
  • ささみとかぶのおじや
  • 小松菜とわかめがゆ
  • コンソメとトマトでリゾット風がゆ
  • 里芋と豚肉のおかゆ
  • 鮭と豆乳の味噌リゾット(枝豆もいれると彩りきれい)
  • かぼちゃのリゾット
  • 鮭茶漬け
  • 中国がゆ(火を止める直前にごま油を加えて)
  • 刺身がゆ(おかゆの炊き上がりにさっと刺身をくわえてほぐす)

おかゆのトッピング

  • しらす
  • ねぎ
  • 青のり
  • 梅干し
  • ゆかりふりかけ
  • かつおぶし
  • 大根葉のふりかけ
  • ゆがいたささみ
  • カニカマ
  • 山芋のすりおろし

水分にとろみをつけることで、飲み込みやすくなります。
おかゆにうまみと塩味をすこし加えると美味しさがアップ。
ボリュームがほしいときには、具材をたくさん加えてあんかけにしたり、
お豆腐や鶏肉を入れると、効率よく栄養がとれるのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です