旬食材コンビ。鮭とごぼうのうま煮

こんにちは。

鮭は赤身魚?白身魚?さてどちらでしょう。

答えは白身魚!
紅い色をしているので間違いやすいですね。
赤身魚(まぐろやカツオなど)には、ミオグロビンやヘモグロビンが多く、
酸化しやすいので、がん患者様には白身魚(たい、たら、鮭など)をおすすめします。

ここが”がんに有効”!

【鮭】
・鮭の紅色のアスタキサンチンという色素に強力な抗酸化作用あり
・できるだけ紅い色のものが、がん予防によいとされる
【ごぼう】
・食物繊維がたっぷりで腸内環境を整える

さっそくレシピのご紹介です。

鮭とごぼうのうま煮

◎材料(2人分)

  • 生鮭  2切れ
  • 塩   少々
  • 酒   大さじ1
  • 片栗粉 大さじ1/2
  • ごぼう 80g
  • ごま油 小さじ1

(A)

  • 水   100ml
  • 砂糖  大さじ1
  • しょうゆ 大さじ1
  • 酒   大さじ3

◎作り方

  1. ごぼうは4~5㎝長さに切り4つ割にする。水にさらし水気を切っておく。鮭は1切れを3等分にし、塩と酒をふる。
  2. 鍋にごま油を入れ熱し、ごぼうを入れて中火で炒める。油がまわったらAを加える。
  3. 鮭の水気をペーパータオルでふき、片栗粉をまぶす。②が煮立ったら鮭を加え、落し蓋をして中火で10分程煮る。
Cpicon 旬食材!秋鮭とごぼうのうま煮 by くらしいきいき

いかがでしたか?
鮭の中でも塩鮭は塩分が強いので、なるべく塩分を抑えた鮭を選びましょう。
鮭に含まれれるアスタキサンチンはカロテンよりも強い抗がん効果を持っています。また熱に強く、調理による損失がほとんどない嬉しい成分。
旬の食材で秋を楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です