【アレンジ自在】重ね煮を作ってみよう!

重ね煮レシピ からだにやさしいレシピ

こんにちは。

猛暑の影響でしょうか。スーパーに並ぶお野菜たちが値上がりしているように思います。安価なもの、慣れた食材、ついつい毎回同じような野菜を手に取ることが多くなってしまいますよね。

色々な野菜をバランスよくしっかり摂るために、今回は簡単お手軽に作れて、栄養たっぷり、保存もでき、アレンジ自在の「重ね煮」をご紹介します。

いつものメニューに「重ね煮」をちょい足しするだけで、ひと手間くわえた豪華なメニューに大変身。あと一品ほしいときのお役立ちレシピです。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

お鍋ひとつでできる「重ね煮」

重ね煮とは、野菜本来の味わいを引き出す調理法のことを言います。 鍋に切った野菜を層にして重ね、ほんの少しの塩をふり、野菜の水分だけで蒸し煮にします。

基本の重ね煮(たまねぎ しいたけ にんじん)

◎材料(作りやすい分量)

  • 塩 小さじ1/2(2回に分けて入れます)
  • にんじん  中1本(150~200g) (せん切り)
  • 玉ねぎ   2個400g(まわし切り)
  • 生しいたけ 1パック100g(せん切り)

◎作り方

  1. 鍋の底に塩をふり、生しいたけ、玉ねぎ、にんじんの順に重ねる。一つの材料を入れるたびに手で軽く押さえて平らにし、上から残りの塩をふる。
  2. 蓋をして弱火で30~40分ほど火にかける。
  3. 味見をして野菜がやわらかく、甘くなったら火を止める。木べらなどで鍋の野菜をよく混ぜ合わせる。
  4. バットやボウルにとって冷まします。

「 重ね煮」の良い点

  • かさが減りたくさんの野菜が摂れる
  • 普段のおかずが半分の手間でできる
  • 野菜のうま味と栄養が最大限に引き出される

冷蔵庫で約5日間保存可能です。工夫次第で、和・洋・中を問わず、いろいろな料理に応用ができる「重ね煮」。根菜や魚介などもOK!アレンジを楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました